多様な薬と瓶

パートナーがいるけれど、今は妊娠したいとは思っていないのならば、確実に避妊する必要があります。妊娠しにくい体にすることができれば、パートナーとの性行為があったとしても妊娠しなくて済みます。ピルを服用すれば避妊できますが、中でも安全性が高い低用量ピルを使ってみませんか。中用量ピルもありますが、より安全性が高い方が良いでしょう。ずっと飲み続けていれば、体調にも嬉しい変化があるかもしれません。ここで詳しく説明していきましょう。

低用量ピルを使うメリットと避妊効果とは?

そもそも低用量ピルを使うメリットとは何があるのでしょうか。安全な避妊方法できるイメージが強いかもしれません。確かにこれもメリットの一つであることには変わりありません。これは、女性ホルモンの一種であるエストロゲンが入っていることが関係しています。

排卵するために分泌される女性ホルモンであるエストロゲンが分泌することで子宮内膜が厚くなり、妊娠の準備をします。受精卵が着床した後はもう一種類の女性ホルモンであるプロゲステロンが分泌されて妊娠を維持します。受精卵が着床していなければ、ベッドの役割を果たしている子宮内膜が厚くなる必要はありません。それで子宮内膜が剥がれて生理が起こります。

妊娠のメカニズムは以上ですが、低用量のピルを飲み続けた場合、ホルモンが分泌されたと脳が勘違いします。自分の卵巣で作られる女性ホルモンと同じ構造だからです。それ以上分泌する必要がないと判断するために避妊できます。

海外では利用している人がとても多いのですが、日本ではまだまだ浸透しているとは言えません。妊娠を希望していないのであれば、以上のメカニズムを見ても安心できるはずです。

最近では、生理痛の緩和のために飲んでいる女性がかなり多くなりました。エストロゲンが含まれていますが、一定量が入っているというわけではありません。以前は、一定量のエストロゲンが入っている低用量ピルが処方されていました。今では日によってバランスを考えて配合しているものが出回っています。

生理痛で悩んでいる人の多くはプロスタグランジンが多く分泌されすぎていると言っても良いでしょう。プロスタグランジンは生理の時に経血を体外へ排出するために、子宮を収縮させます。出産の時にも多く分泌されますが、あまりにも多く分泌されてしまうと腹痛に悩まされるでしょう。

低用量ピルを服用すると排卵を抑制しますので、プロスタグランジンの分泌を抑えることができます。生理のメカニズムを利用したうえで効果を発揮してくれますから、毎月鎮痛剤を使い続けている人も使わなくて済むようになるかもしれません。

副作用を気にする人がとても多く、これが日本での普及の妨げの一つになっているかもしれません。たしかに、服用して始めの頃は体が慣れていないこともあってさまざまな不調に悩まされることはあります。これも個人差がありますし、しばらくすると段々と改善されていきます。

体が慣れれば副作用に悩まされることもなくなるでしょう。むしろ、快適に過ごせるようになるので、毎月鎮痛剤を服用しなくて済むはずです。根本的な治療ができますので、長年辛い症状に悩まされていた人ほど服用した方が良いかもしれません。

まだ妊娠は早いのではないか、結婚前なのでまだ妊娠は考えられないけれどパートナーがいるのならば服用を考えてみてください。海外では当たり前のように多くの女性が使っていますので、自分だけではなくパートナーのためにも使った方が良いかもしれません。

他にもメリットがたくさんありますので、日本人女性にとっても必要な薬と言っても良いです。すでに多くの女性を救っています。誤った知識が入ってしまったために怖がっている人も多いです。医師の指示に従って正しく使えば、決して怖いことはありません。最初だけは気を付けた方が良いこともありますが、長期的に考えると自分の体を守るためにも使った方が良い薬かもしれません。

低用量ピルの正しい飲み方・種類とは?

正しい認識を身に付け、自分で服用することになった際には、必ず正しく使用してください。どうやって飲めば良いのかを知って、その通りに使わないと思うような効果が得られなくなるので気を付けましょう。

低用量ピルにはいくつか種類があります。全て一定量のエストロゲンが入っているタイプがありますが、最近ではあまり使われなくなりました。必ずしもこのタイプが全く使われなくなったとは言えませんが、今ではバランスを日毎に変えているタイプが主流になっています。

1ヶ月の間、女性は体内の女性ホルモンのバランスが変わります。これを正常な変化にするためにエストロゲンの量を日毎に変えているのです。きっと婦人科に行った際にはこちらのタイプを処方される人が多いはずです。

1シートが1ヶ月分となっていますが、人によって21日と28日とに分かれます。生理周期と合わせて使わなくてはならないのですが、休薬期間がある薬です。21日分のシートの場合は全てを飲み終わった後に1週間お休みします。しかし、中には毎日飲み続けないと忘れてしまう人もいるでしょう。そういう人には28日分が渡されて1週間分は効果のない偽薬が入っています。

初めて飲むタイミングは生理が始まった日です。この日からシートに書いてある通りに毎日飲み続けます。21日タイプの場合は21日分を飲み終わったら1週間お休みです。28日タイプの人はそのまま飲み続けます。そして、また次のシートに移りましょう。2シート目からは生理が来るタイミングを待ったりすることなく、続けて使って構いません。

できるだけ毎日同じ時間に服用した方が良いです。こうすれば飲み忘れを防ぐことができます。いつ飲んだ方が良いと言うわけではなく、1日1回同じタイミングで飲みましょう。前日に飲んだ時間と12時間以上間が空いてしまうと、不正出血を起こしやすくなるので気を付けた方が良いです。

いつ飲んでも構わないと思うと、朝に飲んだ次の日は夜に飲んでも良いと思ってしまうかもしれません。毎日朝飲んでいたけれど、忙しいなどで忘れてしまったから今日は夜に飲もうと思っていませんか。そうすると、不正出血の危険性が高くなるので、なるべく飲み忘れにくいタイミングで毎日飲み続けるようにした方が良いです。

低用量ピルは複数のメーカーが製造しているだけではなく、低用量ピルにはエストロゲンの含有量を日毎に変えているタイプとそうではないタイプがあります。エストロゲンの量が一定のタイプは一相性ピルと言われています。

日毎にエストロゲンの量が変わる場合は大きく分けて2種類にわかれており、これらが二相性ピルと三相性ピルです。これらは両方とも女性ホルモンのバランスを考えて作られていますので、特に飲み方に気を付ける必要があります。正しい飲み方を続けていけば、ホルモンバランスの乱れを改善してくれますので、さまざまな症状を緩和したり治したりしてくれるでしょう。正しい飲み方を頭に入れて、それを実践してみてください。

毎日同じペースで過ごした方が良い、忘れっぽい人は28日タイプの方が良いです。医師にも診察される際に聞かれるかもしれません。特に忘れっぽいわけではなく、休薬期間があっても飲み忘れない自信があれば21日タイプでも構いません。どちらのタイプであっても正しく飲み続けることが最も重要なことです。避妊や生理痛などどんな目的であっても正しく使いましょう。